体幹トレーニング

フィジカルを強化するための体幹トレーニング4選

多くのスポーツで、相手と接触した時に押し返したりフォームが崩れにくくするためにはフィジカルの強さが重要になってきます。
フィジカルが強ければ、ボールを相手から奪いとったり相手の体勢を崩したりと、ここぞという場面で得点に繋げることができます。

フィジカルを鍛えるには、筋肉を大きくするようなトレーニングではなく体を支えるための筋肉である体幹を鍛えることが重要です。
今回は、フィジカルを強くするための体幹トレーニングを紹介します。

体幹とは?

腹筋

体幹は、胴体部分をメインとした体を支える役割を果たしている筋肉のことです。体幹の筋肉は、体を起こしたりひねったりする動作をする時に必要とされていて、インナーマッスルとアウターマッスルの複数の筋肉で構成されています。よく「体幹=インナーマッスル」という方もいますがそれは間違いです。体幹筋の中でも、特に重要視されているのがインナーユニットです。

インナーユニットとは?

体幹筋の中でも、肋骨から骨盤にかけてあるインナーユニットと呼ばれる筋肉です。この筋肉は「横隔膜」「多裂筋」「腹横筋」「骨盤底筋群」の4つで構成されています。

詳しくは、こちらの記事で紹介しています。

トレーニングの種類

インナーユニットを鍛えるトレーニングとして、以下のトレーニングがおすすめです。

プランク

plank

体幹トレーニングの中でも最も人気のあるトレーニングの1つです。腕と足先を使って体全体を支えるトレーニングで、体幹全体が鍛えられます。鍛えられる筋肉は主に、腹横筋、脊柱起立筋、腹斜筋などにが挙げられます。

プランクのトレーニング方法やメリットについて知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

クランチ

クランチは仰向けになった状態から、お腹を意識して肩から上を起こします。このトレーニングは、インナーユニットに働きかけます。クランチのやり方は、こちらの動画がおすすめです。

ニーアップ

床に座った状態で、膝を脚を持ち上げて胸に引き寄せるトレーニングです。フォームを間違えてしまうと、効果が薄くなってしまうので気をつけましょう。

こちらの記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ブーメランヒップリフト

プランクの姿勢から、お尻を突き上げるように持ち上げていきます。高くまで持ち上げたら、ゆっくり下ろしていきます。最初の姿勢に戻るので、同じように繰り返していきます。ポイントは、腰を下ろした時に反ってしまわないようにすることです。

その他の体幹を鍛えるトレーニング

そのほかにも、フィジカルが強くなるトレーニングを紹介しているのでぜひ読んでみてください。

腹筋姿勢を改善するために必要な4つの腹筋トレーニングを紹介Prev

ドローインのやり方とポイントを紹介!呼吸をするだけで鍛えられる体幹トレーニングNext

Pickup post

  1. 歴代優勝国から見るロシアW杯

Related post

  1. 腸腰筋ストレッチ

    体幹トレーニング

    スポーツの怪我や姿勢を改善する腸腰筋ストレッチ

    姿勢が悪くて肩こりや腰痛になりやすい、スポーツでもっと記録を伸ばしたい…

  2. 体幹トレーニング

    引き締まった体を作るために基礎代謝をあげよう!おすすめのトレーニングを紹介

    代謝は、体を動かすことで消費される「活動代謝」と食べ物を食べた時に消化…

  3. 体幹トレーニング

    筋トレにおすすめなデッドリフトのやり方と注意点

    BIG3と呼ばれるトレーニングの1つで、その中でも全身に高い負荷と効果…

  4. basketball2

    バスケットボール

    バスケが上達するおすすめトレーニングと3つのポイント

    バスケットボールで、シュートやパスの飛距離を伸ばしたり接触ブレーやフォ…

  5. squat

    体幹トレーニング

    腸腰筋を強くするスクワット4つのポイントを紹介

    筋力トレーニングには、鍛えたい場所や負荷レベルによって何百種ものトレー…

  6. 体幹トレーニング

    腹筋を引き締めるレッグレイズの正しいやり方と大事なポイント

    「姿勢を良くしたい」「お腹周りを引き締めたい」「体幹を鍛えたい」という…

PAGE TOP