ストレッチ

脚が引き締まるストレッチのメニュー3選

スポーツや仕事などで脚に疲れが溜まったり、運動不足などで悪い腰痛や姿勢の原因にもなる脚の筋肉の硬さ。脚のストレッチをすることでこれらが改善することができます。また、脚の筋肉の中でもふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほど体の血流の大きな役割を担っていることもあり、健康のために脚のストレッチはとても重要になってきます。今回は、脚の筋肉を柔らかくするストレッチを紹介していきます。

脚のストレッチを行うメリット

脚のストレッチを行うと体の柔軟性が向上する他にも、疲れにくくなったり引き締まって見た目がよくなったりするメリットがあります。また、血流がよくなるため冷え性の改善や腰痛の改善などにもつながります。

  • 体の血流がよくなる
  • 疲れが取れやすくなる
  • 太腿が引き締まる
  • 筋トレの効果が高まる

脚のストレッチメニュー

脚の筋肉を柔らかくするストレッチを紹介していきます。尻・太腿・ふくらはぎの3つの部位に分けて紹介していきます。どれも簡単にできるストレッチなのでぜひ試してみてください。

お尻の筋肉を伸ばすストレッチを紹介します。家にいるときや仕事中でも座りながらできるストレッチですので、いつでも気軽にできます。下半身の中で最も大きいとされる筋肉で、足やせにお尻のストレッチは欠かせません。また、ストレッチをすることで血流が良くなり引き締まるようになります。

  1. イスに背もたれにつかないように座ります
  2. 右足の膝の上に、横向きにして左足の足首を載せます
  3. 背筋を伸ばした状態で、ゆっくり上半身を前に倒していきます
  4. 同様に左足でも1~3を行います

太もも

床やベッドの上で行える太もものストレッチを紹介します。姿勢が悪い原因の一つに、太ももの筋肉が固まっていることが挙げられます。太ももの筋肉が硬いと骨盤を立てて座ることができずバランスを取ろうと前傾姿勢になります。

  1. 床もしくはベッドの上で正座して、手を後ろにつきます
  2. 膝が上がらないように、ゆっくり上半身を後ろに倒していきます
  3. 出来るところまで倒した状態でキープします

怪我につながってしまうので、ヨガマットなどを敷いて堅くない床の上でやるようにしましょう

ふくらはぎ

床に座った状態でできる、ふくらはぎのストレッチを紹介します。ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれる筋肉で、下半身に流れた血液を上半身へ送り返す大切な役割をになっています。

  1. 片膝たちをした状態で床に座ります
  2. 膝に手を載せて、前に体重をかけていきます
  3. 2の状態を10秒キープを複数回繰り返します
  4. 1~3を反対の足でも行います

他にも、ふくらはぎを柔らかくするストレッチやグッズをいくつか紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

誰でも簡単にできる引き締まる腕・肩・首ストレッチ5選Prev

体が引き締まる腕・腹筋・脚のストレッチをまとめて紹介!Next

Pickup post

  1. 歴代優勝国から見るロシアW杯

Related post

  1. SPOFUNアプリ

    全国や都心に展開しているおすすめしたいスポーツジム6選

    会社や家の近くでジムを探しているけれど、いろんなジムがあって迷ってしま…

  2. ストレッチ

    お金をかけずに自宅で手軽にできる自重トレーニング5つを紹介!

    トレーニングやスポーツを始めようと思ったは良いけれど、ジムに通ったりパ…

  3. ストレッチ

    ストレッチジムとマッサージ店や整体との違いとは?

    健康や運動のために、ストレッチジムを検討しているけれどマッサージや整体…

  4. ストレッチ

    誰でも簡単にできる引き締まる腕・肩・首ストレッチ5選

    運動後の疲労や仕事の肩や腰の痛みなど、日頃感じる疲れを減らしたいと思う…

  5. ストレッチ

    ストレッチジムへ通うべき理由とおすすめのストレッチジムを紹介!

    健康や運動不足を解消するためにストレッチジムに通いたいけど、ストレッチ…

  6. ストレッチ

    自宅でトレーニングやストレッチをする時におすすめしたい道具・本15選

    自宅でできるトレーニングやストレッチには、自重を使った方法やちょっとし…

PAGE TOP